FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

39w5d 健診と健診の間に更にNST・内診

先日(39w1d)に健診。
それもまだ記事にしていなかったので、そこから。

<健診>
体重は前回より+0.5kg、妊娠前より-0.5kg。
(少し増えたが結局翌日、元に戻ってしまった)
血圧は123-74、浮腫・尿糖・尿蛋白全て(-)。
子宮底長31cm。腹囲は前回と同じ。

胎児の方もNST正常、とても元気だった。
心臓その他の臓器の様子や、臍帯、血流など
今回も丁寧に説明を受け、異常無しだった。
前回同様、臍帯が首の辺りに来ていたが。

BPD94.4mm、推定体重2820g。
引き続きウエストがやや細めのため、推定体重が少なめ。
でも、このままいくと出産時に2922gとなる計算だとのこと。

<無痛分娩>
最後に、無痛分娩についての詳細な説明を受けた。
(わたしは初めから無痛分娩を希望しているため)
子宮口開大4~5cmで硬膜外麻酔を開始。
麻酔の注射の前に痛み止めの注射をしてくれるとのこと。
麻酔を入れると10~15分で痛みがゼロになります、と。
わたしは10歳の頃に虫垂切除術を受けており、その時に
硬膜外か脊椎麻酔をしているので、麻酔への恐怖や不安は無い。

無痛分娩の良し悪しについては、人それぞれの考え方なので
あまりここでどうこう言うことはしないが‥
母体がリラックスすることで胎児も楽になる、胎児への酸素や
血液の供給が良くなる、お産の進みが早くなる(初産婦の出産が
平均12~15時間かかるのに対し無痛分娩だと初産婦でも3~6時間)、
何かあった時に帝王切開への移行がスムーズ、消耗が少ないので
産後の回復が早い‥などなど、高齢出産の場合は特に適した
分娩方法だと思っている。

そしてこの産院は無痛分娩への自信とそれを裏付ける実績がある。
この日の未明にも無痛分娩が1件あったそうで、その方(経産婦)は
子宮口が4cm開くまではかなり時間が掛かったものの、麻酔を
入れてからは1時間弱で済んだとのこと。
高齢出産の後に控えている高齢育児のためにも、産後の回復は
早いに越したことはない。

<NST・内診>
話が逸れたが、今度から1週間後の健診との間にNSTと内診だけを
行う日が入るとのことで、それが今日だった。
産院の受付で急遽、無痛分娩が入ったため診察が押していると
告げられれる。
因みにここの産院のDrは麻酔科医でもある院長一人だけなため、
麻酔操作も院長が行なっている。
数分後に更に、健診で来院中の方が破水したのでそちらのお産も
入ってしまうかも、とのこと。
凄く謝られたが、明日は我が身なので何の文句も無い。

1時間後にNST室に呼ばれた。思ったより早くて良かった。
20分ほど計測して胎児はとても元気だと言っていただけた。
子宮の張りは強めのが1回。
子宮口開大1.5cm。柔らかさも良いようだが、胎児がまだあまり
下がってきていない。
引き続き散歩など、たくさん動いてねとのこと。
今日も散歩2時間と庭仕事1時間したんだけどな。
次回は通常の健診、3日後で出産予定日の翌日。





にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ

関連記事

theme : 赤ちゃんに会えるまで・・・
genre : 結婚・家庭生活

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

マチェリ

Author:マチェリ
妊娠したら退職しようと考えるも1年間授かれず、先に退職しちゃってからも半年授かれず。
不妊治療ファーストステップのスクリーニング検査期間に、思いがけず自然妊娠!
果たしてそのワケは‥
そして2012年7月、10w30mmの壁を超えたのでブログ開始します(^-^*)

目次
  目次(記事一覧)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
100位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。